岩手県のセフレ体験談!セーラー服コスやキメセク首絞めプレイ、筆おろし等々

岩手県のセフレ体験談を紹介しています。セーラー服のコスプレやキメセク首絞めプレイ、筆おろしの体験談です。岩手県のセフレ探しの参考になれば幸いです。

盛岡市 | セフレとセーラー服コス!学生時代に戻ってセックス

セーラー服セックス

pcmaxで知り合った20歳の女性、セフレ目的で出会いその日の内にラブホに行くことになった。

ラブホの部屋に入るとビックリ、メイド服やセーラー服、チアリーダー、ボンテージ等様々なコスプレ衣装が並んでいた。

こんなに豊富で完成度の高い衣装は初めて見た。

だったら着てもらうしかない。

お願いして一つ一つ着てもらった。

彼女の歳はまだ20歳なのでどのコスプレも似合う。

そしてその中でも俺の心を射抜いたのはセーラー服だった。

見ただけでビンビンとなり、彼女を抱きしめた。

セーラー服の上から胸を揉む、なんとも言えない罪悪感と興奮がある。

スカートをめくりあげ、パンツに中に指を入れる。

「あっ先生だめっ、あっ」

彼女は生徒になりきり感じていた。

我慢も限界に達し、彼女を押し倒しブラジャーをめくりあげおっぱいを舐め回した。

「だめっ乳首だめっ、先生もっとやさしく」

だめとは言いつつ固くなる乳首、パンツの中に指を入れるともうグチャグチャだ。

「先生、おちんちんちょうだい」

俺は彼女のマンコに挿入した。

セーラー服から揺れる胸が溜まらない、すかさずスマホを取り出してはめ撮りを始めた。
「やっだめ、摂っちゃだめ」

「あっ、先生、あっだめ」

いやいや言いつつも本気で嫌がっていない。

俺は彼女に局部や胸、喘ぐ顔を撮りまくった。

彼女のマンコを突いて、突いて、突いて

中で出した。

最近は様々なコスで様々な動画を撮ってます。

もちろん彼女の許可をとった上で。

私調べなのですが盛岡市でコスチュームがあるラブホは

隣のホテル(岩手県盛岡市盛岡駅前通15-30)

コラソン(岩手県盛岡市菜園2-7-11)

レステイ アイネイン盛岡(岩手県盛岡市中ノ橋通1-14-11)

pcmax
PCMAXで無料登録(R-18)

一関市 | 18歳JKとキメセク首絞めプレイ!そしてセフレ関係に

キメセク首絞め

出会い系サイトで知り合った18歳のロリ顔で見た目はJK、暇だった理由だけでおじさんとホテルにいくちょっと変わった子だった。

向かったのはくるくるキャロルと言う一関市のラブホ

ホテルに付いて少しお話をしていると、キメセクに興味があると言っていた。

「おじさん、合法でハイになれる薬をもってるよ」

と言うと

「えっ使って」

と言った

お薬を注入して少しすると彼女の様子がソワソワしだした。

おまんこを触ると既に大洪水でほんの少し触っただけで激しく感じていた。

私の地ちんこを突き出すと自らしゃぶりついてきた。

見た目JKの喉マンコを堪能し、出そうな時に頭をガッツリ掴み、押さえつけ喉の奥の方で射精してあげた。

ゲホゲホしながら精子を口から出す彼女、目は完全にいかれている。

何を言っても完全に従う性奴隷

そんな彼女をベットの腕で寝かせ、マンコを舐めるとまた大洪水を起こして。

すかさず挿入し、首を絞めてあげた。

首を絞めれば絞める程マンコの締まりが良くなる。

まるで締まり調節が出来る電動オナホだ

気を失わせるわけにはいかないのでギリギリの所まで締め付けた。

ずっと締め付けていたい・・・

そんな欲望と戦いながら、腰を振りまくった。

その後は締まりに締まったマンコの中にぶちまけて終了。

彼女の顔は完全にいかれていた。

やはり性奴隷になった女の首を絞めてぶちまけるのはたまらない。

彼女は彼女でキメセクプレイが気に入ったらしく、彼女の方からセフレ関係を求めてきた。

その後も彼女とはセフレ関係が続いている。

もちろんキメセク首絞めプレイで。

奥州市 | 電車でOLのパンツを覗いてからの筆おろし

トイレでセックス

奥州市の工場で働く20歳の童貞です。

会社帰りいつも通りに電車にのっているとスカートの短いOLらしき女性が乗って来た、ちょうど斜め向かいに座ったのだだ、その短いスカートからパンツが見えるのだ。

ちらっ、ちらっと何度も覗いてしまう。

それが男ってものだろう。

そして数分過ぎる頃、女性が立ち上がり僕の横に座った。

「ねぇスカートの中みてたでしょ」

「いえ・・そんな・・・」

動揺が隠せない僕に対して彼女は

「とりあえず電車降りようか」と

降りたのは人があまりいない駅、彼女は僕の腕を掴み女子トイレに連れっていった。

なにがなんだか分からない僕

「君童貞でしょ」

いきなりとんでもない事実を言う彼女、そして彼女を目を見て分かった。

これは食われると。

こんなかわいいOLに食われるなら本望、既に頭の中では妄想に妄想が膨らみ、股間も膨らんでいた。

「まだ何もしてないのにギンギンだよ、これだから童貞くんは」

と言いながら彼女は僕のチンポを舐め始めた。

レロレロと舐めだす彼女舌が気持ちいい。

「出そうなの、出してもいいのよ」

僕はたまらず彼女の口の中で射精した。

「いっぱい出たね」

と口から手に精子をだしみせてくる。

「じゃあ次はココに入れて」

とマンコを見せてきた。

初めて入れるマンコは暖かく気持ちが良い。

「奥まで入ったね、あっつそこ、いい、もっと強く」

何度何度も腰を振り

「いくっ」

限界に達した僕はそのまま彼女の中に出したのです。

その後はお掃除してくれるかの様に彼女が僕のチンコを舐めてくれて終了しました。

そして

「これで童貞卒業だね」

これが僕の童貞を捨てた体験談になります。

それ以降彼女とはセフレ関係になっていますが、あの時なぜ僕が童貞だと分かったのかと聞くと「顔に童貞」と書いてあったそうです。

彼女は自分が可愛い事を知っていて、男を誘えば絶対にのってくる事を知った上で誘い奪う悪魔の様な存在です。今でも僕以外の男と気の向くままに楽しんでいるみたいですね。

Posted by admin