セフレを複数作るメリットとマナーを紹介

セフレ

セフレって作ろうと思えば何人でも作れますが、あまりに適当に作りると後々後悔するのでしっかりと計画を立て作りましょう。ココではセフレを複数作るメリットとマナーを紹介しています。

セフレを複数作るメリット

セフレを複数作るメリットはやはり複数のセックスが楽しめるからでしょう。セックスのジャンルは幅広く「JD」、「人妻」、「熟女」の様な年齢からくるものや「コスプレ」、「SM」、「○○プレイ」等性癖からくるものがあります。

これら欲望を一人の女性から得ることは絶対に出来ません。

コスプレ好きのJDと付き合っていても、たまには人妻を抱きたくなるものです。

そんな時複数のセフレがいたらどうでしょうか?

全てを満たす事は出来ませんが、ある程度の欲望は満たす事が出来るはずです。

もしあなたが複数のプレイに興味があるのであれば複数のセフレを作るべきだと私は思います。一度きりの人生ですので楽しんだ方が勝ちだと私は思います。

理想のセフレの数

理想のセフレの数は一週間何回セックスをしたいかによって異なります。

一般的に一人のセフレと出会う頻度は月に一度くらいと言われています。セフレとはあくまでも本命のサブですので本命との隙間時間に会う事が前提です。

なので毎週、毎週会う事が無理なのです。

もしあなたが週一でセフレとセックスしたいのであれば、一人のセフレでは間違いなく足りないと言えます。

社会人をケースに話を進めると毎週末セフレを会うのも逆に疲れるので2週間に一回程度が理想的なペースだと思います。

そうなった時理想となるセフレの数は二人と言う事になります。

セフレを作りすぎると破産する

余程お金持ちで無い限り、セフレは作りすぎない事をお勧めします。

もしあなたが8人のセフレを作り、毎週二人ずつ相手したとしましょう。セフレを見つける事は出会い系サイトを使えば簡単にセフレは見つかりますが、まず確実に破産します。
確かにセフレは風俗と比べてお金はかかりませんが、それでも食事代やホテル代は男が持つのが普通です。一回会うごとに約1万程かかりますので、月に8人と出会うと言う事は最低でも月10万円が必要という計算になります。

自宅に呼び込んで事を済ませれば安く済ます事ができるのですが、一人暮らしで部屋がある程度綺麗な方しかできません。多くの方は結婚してたり、実家暮らしだと思います。

ある程度条件が満たされない限り、セフレと会う度に諭吉が減ると考えておいた方が良いでしょう。私の場合は一人1諭吉として計算しています。

セフレを複数つくる際のマナー

セフレを複数作る際の最低限マナーだけ紹介しておきます。

まずセフレに対してセフレが複数いる事を言わない事です。たしかにセフレ関係とは曖昧な関係である事は確かです。しかしセフレも一人の女性ですので、相手が不特定多数の女性と常にセックスしていると聞くといろんな意味で冷めてしまします。

もしその事を黙っていて、セフレに優しくしていると「この人もしかして・・・」と勘違いさせる事もできます。

嘘の優しさのうちと言いますので間違っても複数セフレがいる事をばらさない様にしましょう。

また、勘違いさせる点でいえばLINEのやり取りも重要になります。セフレだからと言って適当に連絡しているとスグに捨てられてしまいます。

彼女程度とは言いませんが、友達以上の対応は必要だと思います。

複数のセフレの作り方

もし複数のセフレが欲しい方はpcmaxと言う出会い系サイトでセフレ相手をお探し下さい。pcmaxとは累計登録者数が1300万人を超える人気の出会い系サイトで主にセックス目的の使っている使われています。

実際女の子を検索する際の選択肢に「セックスフレンド」と言う項目があり、項目にチェックを入れるだけでセフレ募集の女の子を簡単に調べる事ができます。

セフレ探しにはpcmax以外にもtwitter等の無料のSNSが使えますが詐欺が多くお勧めできません。安全に安心して、確実にセックスフレンド相手を探せるのはpcmaxくらいでしょう。

登録などは完全に無料ですので、登録だけでもされておく事をお勧めします。

pcmax
PCMAXで無料登録(R-18)

Posted by admin