ただでさえ最強コスパのセフレ掲示板をもっと最強コスパにする方法

2021年3月18日

ただでさえ最強コスパのセフレ掲示板をもっと最強コスパにする方法

ページを開いてくださってありがとうございます。

ここでは僕が気づいたもっとも効率のいいセフレ探しであるセフレ掲示板をコスパ最強で利用するにはどうするかということを重点的にお伝えしようと思います!

確かに普通に使ってても、他の方法に比べればはるかに低コストです、セフレ掲示板って。

ただやっぱり使いこなして、かかるお金はなるべく安くあげたいじゃないですか。

不要な部分にお金を使うなら、セフレ掲示板は効率よく使って、実際にセフレに会った時ちょっといいラブホに泊まりたいじゃないですか!
ぜひ、最後まで読んでくださるとうれしいです。

コスパこそ最重視したい!セフレ探しは低コストでできます

セフレ探しをするには、セフレ募集掲示板が最強なんです。なんでかって言うと、とにかくコスパがいい!

男って、性欲を持て余している時は簡単な釣り(悪質サイト)にも引っかかりがちです。え、僕だけ?いや、そんなことないでしょ。「性欲を持て余した若い女の子が、あなたのことを待っています」的な。

もちろん悪質サイトなので会えません!

そんなのにさんざん引っかかった僕だからこそ、セフレ募集掲示板を強くおすすめします!

まず、ひとつ目の理由を挙げます。

セフレを見つけるのにもっともかかるのがお金や時間のコストです。

ナンパでセフレ探しを頑張るってなると、お金はかからないかもしれないけれど、えげつないほど時間がかかります。

メンタルだって削られます。ひょっとしたら、ナンパ用の服を持ってない!買わなきゃ!ってことで、お金も削られるかもしれない。

もちろん悪質系サイトは論外。まだドブに捨てたほうが時間っていうコストが削られないだけマシなレベルです。

それから、ふたつ目の理由。

セフレを探すまでのコストを削減することができれば、いざセフレ候補の女性が見つかった時、その気分を盛り上げるためにお金を使えます!

セフレ募集掲示板は低コストといえどタダではありません。

いくらセフレ募集掲示板といえど「こんにちは!会おう、そしてセックスしよう」だと、会ってくれるのは業者の女性くらいです。

セフレ募集掲示板は低コストだから、数通掲示板でやり取りをして女の子を安心させることにお金を使っても大丈夫!

もちろん、実際に会ったあとにちょっとカフェに行ったりカラオケに行ったり、なんてことをすればその後のセックスがより濃密に……ムフフ。

とどめに、理由みっつ目!

理由その1で書いたナンパの話とちょっと共通する部分はあるんですが、twitterでセフレ探しを頑張るのはお金がかからないけど時間がえぐいほどかかる。

時間もコストなんです!性欲で頭が満たされてると、ここ忘れがちなんですよね。

twitterは偽アカウントが多いです。

悪質サイトへの誘導であったり、援交だったり、未成年がやってたり。

最悪の可能性としては、美人局だったり……。

人生終わる可能性もあるtwitterで探すのは絶対に悪手です。

セフレを最強コスパで作るにはこの方法しかない!

セフレを最強コスパで作るにはこの方法しかない!

セフレ募集掲示板は、ナンパなどと比較すればセフレを作りやすいのですが、それでもライバルは存在します。

だから「女性に見てもらえる」=「女性の興味を引く、女性の目にとまる」プロフを作るのが肝心なことです。

もし女の子からメッセージが来た時、プロフが充実している子と真っ白な子だったら、前者の方がどんな子か分かるし安心できませんか?
女の子も一緒なんです。

方法として、まずは日記などの無料コンテンツを活用しまくること!無料部分は使わなきゃ損です!

「日記で募集をかけてるわけじゃないし」「全然誰も読まない」って最初は思うかもしれません。

でも、真っ白よりは絶対にいいです。

プロフィールに登録する写真の他に、ギャラリー(他の写真)をたくさんアップするのもおすすめ!

食べ物や風景よりは、自分のことをアピれる画像が良いです。

ただ「俺のはこんなにデカいんだぞ!」って性器を載せるのはやめましょう。

規約違反だし、女の子って好きな男以外のアレってむしろ気持ち悪いらしいので。

こうやって、無料部分を充実させればLINEなどの連絡先交換までが最短距離になります!

信じられない人は、無料コンテンツを充実させる前と後でどれくらいメールが来るか比較してみてください。

めちゃめちゃ無料コンテンツのすごさを実感すると思います。

セフレ掲示板はコスパ最強!かかるコストはこれだけ

セフレ掲示板はコスパ最強なのは理解してもらえたと思います。ですが最低限のコストは発生します。

逆に言うと本当にわずかなコストしか発生しないし、必要最低限の出費・時間でセフレを見つけることができます!

まずネット代。セフレ掲示板に接続するためにはインターネット環境が必要です。

でも、ネット環境ってこの文章を読めている時点でありますよね?なのでほぼ除外でOKかと思います。

それから、セフレ候補の女性とのメール代はかかります。

セフレ掲示板によって若干1通あたりのメール代が違ってくるので、サイトに登録時にチェックしておきたいところです。

それから掲示板を閲覧したり、掲示板に投稿したりするための費用も多少ですがかかります。

これは「掲示板閲覧時は、脈がありそうな投稿を見分けて閲覧する」とか「掲示板投稿時は、女性に魅力的に映る投稿内容にする」といったことに少し気を付けるだけで大幅に削減可能!

以上のことから言えるのは個人連絡先をゲットするまでがセフレ探しの主なコストということです。

この部分までケチろうろすると、逆にセフレは見つかりません。せっかくかけたお金が水の泡になってもったいないです!

もちろん、サイト内でダラダラとメールを続けようとする女性もパスするべき。

ローコストでセフレをゲットするにはこの辺の見極めがかなり重要になります!

セフレになりそうな女性=ターゲットを絞り込む技術

セフレになりそうな女性=ターゲットを絞り込む技術

さて、いくらローコストでセフレを探そうとしてもそもそもセフレ候補の女性かどうか=ターゲットを間違っていたら努力は全く報われません。
まだ、たくさんメールをしたら会えるってタイプならマシなんですよ……。

絶対に会えない、避けたいタイプの見極めが肝心です。

まず土地勘がないのをごまかそうとするタイプ。

定番は「最近こっちに引っ越してきてよく分からない」ですね!僕の経験ですが、このタイプに、実際に引っ越してきてたらまず分かる場所を聞いてみて、それでも分からないようなら冷やかし確定です。

スカイツリーの最寄り駅は?みたいなね。

それからプロフィールに体だけ載せて顔を全く載せていない子。これは風俗業者です。

会えはしますがお金がたんまりかかるし、セフレにはなれないのでパス!

自分の掲示板に書き込みに来た応募の中で、女性掲示板にも書き込みまくっているタイプも避けたいですね。

これ、メル友探しとかだったらまだマシなんですが、個人で売春(援交)しているパターンだと最悪です。

僕は正直、プロのお姉さんより危ないと思ってます。ヤれるかもしれませんが、例えば性病検査って絶対してないと思うんですよ。
バックに援交を束ねてる元締めのいかついお兄さんがいるかもだし。

メールのラリーが変に短文すぎる女性もパス。

「昼ごはん一緒に食べて、そのあとデートしない?」って送ったら「どこで?」だけ返ってくる人ね。

暇つぶしの相手は無駄!本当に会いたいと思っている人はこんなやる気のないことしませんよね。

最後に会話が成り立たないタイプ。

メールしていると、なんか話題がズレるなとか、これさっきも言ってたなってなる子ね。

複数人とメールしてて(しかもおそらく結構大人数)、話した内容がごっちゃごちゃになっちゃってるわけです。

暇つぶしのケースと、メール内容で厳選してから会おうとしているケースがあるけど、僕は避けちゃいますね。

コスパ最強のセフレ掲示板を駆使してゲットを狙え

コスパ最強のセフレ掲示板を駆使してゲットを狙え

ここまで書けばセフレ探しにおいてセフレ掲示板がコスト面においてどれだけ優れているかがお分かりいただけたと思います!

セフレ掲示板って、確かに優秀な出会いの場なんですよ。ただ使い方を間違えるとやっぱりコストがかかっちゃったり、いくらコストをかけても会えなかったりします。

・風俗業者、冷やかしなどのターゲットを除外する・コストを意識してメールのやり取りをする

この二つを意識するだけで、かなりかかるコストは違ってきます。

あとは、自分がセフレ探しにかけてもいいコストを把握しておくことも大切かもしれません。

僕はいままで書いたことを最初は意識していなくて、ダラダラと女性の掲示板を見たり、どうでもいい短文メールにも全部返信したりしてました。そのおかげでこのノウハウは出来上がったんですけどね。

僕の財布の中身と引き換えに出来上がったノウハウ、生かしてもらえたらうれしいです!